対人恐怖症の人が向いている仕事はこれだ!

対人恐怖症の人が向いてる仕事は、対人恐怖症がどのような症状をもたらすのかを見ていくとわかりやすいです。対人恐怖症は自分が人からどのように見られているか、どのように思われているかと言ったことを強く意識してしまう、またそのことを不安に思ってしまい人との接触を避けようとする症状のことです。緊張や不安の出方、度合いにも個人差があるため、対人恐怖症の人の中には周囲から見ればまったくそんなふうに見えない、思えないと言う人も少なくありません。ただし症状の程度が重くなると顔が赤くなったり、汗が大量に出てくる、人前に立つと頭が真っ白になったり挙動不審になると言ったことも出やすくなります。そのような症状が出てくることで本人はますます人の目を意識してしまうため、結果として人前に出ることを怖がってしまい、それを避けるようになることもあります。すると社会生活や日常生活を営む上でも大きな支障が出てくると考えられます。ですから対人恐怖症の人が向いている仕事としては、このような症状が出にくいと考えられる仕事、人目が気になると言う対人恐怖症の人の心に寄り添うような仕事が挙げられます。では具体的にどのような仕事が考えられるかと言うと、まずは人と接する機会が少ない仕事が挙げられます。たとえば新聞配達やポスティング作業、また工場内における作業などがこれに該当するかと思われます。配達作業でも運送業となると実際にその人に荷物を届ける必要があるので向いているとは考えにくいですが、ポストに投函するだけの新聞配達、ポスティングであれば対人恐怖症の人でも負担になりにくいです。新聞配達に関しては時間帯が早朝なので、出会う人の数自体が少ないと言うのも良いかもしれません。工場内作業に関しても全部が全部、人と接しないと言うわけではありません。ただ流れ作業であれば人と会話する必要はほとんど発生しませんし、個別に仕切られた空間内で行う検査作業の場合でも、やはりひとりで黙々と作業を行うことができます。ただし工場内作業、ライン作業の場合、大勢の人と空間を共にすると言うことも少なくないので、その辺りは事前に確認しておくことが求められます。大勢の人と空間を共にする、それだけであれば大丈夫と言う場合には、スーパーなどの品出し、検品作業も向いている仕事に挙げられます。店頭に出てお客様に応対する必要がある場合は避けた方が良いかもしれませんが、早朝の、開店前の品出し、検品であればお客様の相手をする必要もないので安心です。飲食店の場合、開店前の仕込み作業も良いかもしれません。もう少し突っ込んで、ちょっと話しかけられる程度なら大丈夫と言う場合は清掃も向いています。人数が少ない事業所などの清掃であればそれほど話しかけられることも少ない考えられますし、スーパーなどでも清掃の人に対して売り場のことを聞いてくる人はそれほど多くありません。またこれも早朝や夜間などの、人の出入りが多くない時間帯を狙えば完全に人と話さず従事することも可能です。それから在宅でネットを使った仕事も向いている仕事に該当するかもしれません。これはネットを使って指示などが出されるため、直接的に人と話したりする必要性が低いのが特徴です。もしかしたら電話などで状況確認をする必要性はあるかもしれませんが、それでも人と会う、対面する必要性はないので対人恐怖症の人でも安心して行いやすいと考えられます。現在ではネットを利用した内職と言うのは数多く存在しています。直接、雇用者と契約を結ばなくても簡単に取り組めるものもあるので、まずはそれから始めてみると良いです。更に自分の強みがある場合は、ネットを利用して独立をすると言うことも可能です。この場合でもやり取りは完全にネットを通じて行うことができるので、自分のペースで安心して従事できます。それからドライバーです。ドライバーと言っても、先に述べたような配達業務を兼ねている場合は避けた方が良いです。そうではなく純粋に荷物だけを運搬するドライバーであれば、ほとんど人と接する機会はないので対人恐怖症の人でも従事しやすいと考えられます。ただし対人恐怖症の中には、自動車を運転している他の人の視線が気になる、自動車を運転しているのが他人だと分かった瞬間、負担を感じて諸症状が出てくると言う人もいます。そのような方の場合は、ドライバー業務は却って負担になる可能性も高いのでこれは避けた方が良いと判断できます。このように対人恐怖症の人に向いている仕事と言うのは意外とたくさんあります。その中から自分の症状の程度や出方などと照らし合わせて、無理なく働くことができるものを見つけていくのが望ましいです。ただし実際にどのような環境で働くのか、そしてどのようなことを行うのかと言うのは、事業所などにより大きく変わってきます。その辺りを事前に確認しておかないと、従事した後に思わぬ負担を強いられることもあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です