接客の仕事は対人恐怖症の人でもできる?

「対人恐怖症」というと、他人とのコミュニケーションが一切できない人というイメージを持っていることが多いのですが、実際には対人恐怖症にもさまざまな状態があります。たとえば、いわゆる「人見知り」に近い感じの状態の人もいれば、それこそ障害があるかのように対人関係に対して非常に強いストレスを感じてしまう人もいます。前者の場合、特に初めて接する相手に対してストレスを感じますが、かと言って対人コミュニケーションが一切取れないというわけでもありません。

しかし、後者の場合は状況が違います。それこそ家族でさえコミュニケーションをとることにストレスを感じてしまうことも珍しくないので、他人とのコミュニケーションをとることは非常に困難です。このような状態の人は、仕事をせずに生活保護を受けながら生活を送ることになってしまうことも珍しくありませんし、働く場合でも「対面でのコミュニケーションが必要ない環境」で働くことになるのが多いです。

もし、自身が患っている対人恐怖症の程度が重いのであれば、接客業で働くことは簡単ではありません。不可能というわけではありませんが、自身および職場の仲間に大きな迷惑をかけることを前提に働き始めることが必要です。もちろん、迷惑をかけるのは最初のうちだけでいずれその恩を返していくという前提に立ちますが、そのために自分自身でも状況を改善していく努力が求められます。

接客業といってもさまざまなジャンルがあります。たとえば、デパートなどで店頭に立ってお客様対応を行う業種もあれば、テレアポのように面と向かって対応しなくとも良い業種もあります。特に対人恐怖症の程度がそれほど重くない場合は、ストレスを一切感じないとまでは言わないまでもほとんどの仕事に就くことができると考えても問題ありません。仮にそれが「常に人と接する環境」だったとしてもです。

人と接することにストレスを感じる原因は、たとえば「過去の失敗」が大きく影響している可能性があります。過去に対人関係で大きな失敗をしてしまい、それがトラウマになってしまったことで極端にコミュニケーションでストレスを感じるようになってしまった結果、対人恐怖症に陥ります。しかし、その時は大きなストレスを感じはしても即座に対人恐怖症になるわけではありません。

何らかの失敗を経験したことで対人関係に対して大きなストレスを感じるようになり、その状況を避けるためにコミュニケーションの機会を避けていくことによって事態が悪化していきます。もし、大きなストレスを感じる経験をしてしまったとしても、その場ですぐに立ち直るための行動を起こしていれば重篤な状態に陥らずに済む可能性もあります。

そのためには、「信頼できる友人」「恋人」「家族」などとしっかりとした関係を構築しておくことが非常に重要です。普段から積極的にそういった人たちとのコミュニケーションをとっていたのであれば、少なくともちょっとした失敗が原因で対人恐怖症に陥ってしまう可能性は低いです。もちろん、そういった状況でも陥る可能性は十分にありますが、少しでもリスクを回避できるという意味では大きなポイントです。

接客業のうち、特に人とコミュニケーションをとる機会が多い「水商売」は、男女ともにお金を稼ぐ手段としては非常に優秀です。もちろん、楽をして大金を稼げるというわけではありませんが、同程度の労働力で稼げる金額としては破格のポテンシャルを持っています。

「キャバクラ」「ホスト」などは特に高額な報酬を得られる仕事ですが、これらの仕事では顧客とのコミュニケーションが必須です。しかも、二言三言のコミュニケーションをとれば良いというわけではなく、「常に相手の興味を惹くようなコミュニケーションをとる必要がある」という難易度の高さです。

日常的に人とコミュニケーションをとることが得意だと感じている人の中でも、特に異性とのコミュニケーションに自身がある人にとっては天職といっても良い環境ですが、対人恐怖症とまではいかないまでもコミュニケーションに自信が持てない人にとっては大きなストレスを感じる環境になる可能性が高いです。しかし、だからといって「できない」というわけではありません。

非常に高いハードルがあり、そのハードルを越えたとしても中々問題を解決することは困難です。しかし、逆境に立つことで荒療治的な治療が行えるというメリットもあるので、運が良ければ対人恐怖症を完治させられる可能性も十分にあります。

症状の程度によっては、「そもそも採用してもらえない」という可能性もゼロではありませんので、もしも高額報酬が見込める接客業を目指すのであれば、しっかりと面接対策をする必要があります。そして、実際に働くことになってから感じることになるストレスを解消する手段を準備しておくことがとても大切です。友人、家族はもちろん、それこそ「インターネット掲示板」などでも良いのでストレスを解消できる手段を確保しましょう。