対人恐怖症で接客が辛い時はどうする?

対人恐怖症で接客が辛い時、まず実践したいのは自分のスキルアップです。仕事に対しての知識や技術を完璧に身に着ければちょっとやそっとのトラブルでも動じないほどの精神力を手に入れることが出来るため、接客マニュアルがあればそれを参考にしてみましょう。特に仕事に就いて日が浅い場合は、先輩のフォローも得られるため、どんどん数をこなして場慣れすると良いでしょう。接客は基本的にルーティンワークであるため、決まったやりとりを続けていけば気持ちを落ち着けながら接客をすることが可能です。ただし対人恐怖症の人にとって、イレギュラーな事態が起こるとパニックになる可能性が高いため、予想外のことが起こった時に慌てなくて済むように脳内シミュレーションを積極的にしておくのが安心です。事前にある程度脳内シミュレーションでトラブル対処をしておくと、いざというときにそれほど気持ちを乱さないで済むでしょう。また、一緒にシフトに入るスタッフとの相性もあるため、いざというときに頼りに出来る人は誰か普段から同僚らを観察しておくのもおすすめです。自分が責任を負わなければならない立場でないのであれば、もしものときに上司に問題を納めてもらうのも有効手段の一つです。
また、意外と対人恐怖症でも接客を上手にこなす人は少なくありませんが、そのような人は仕事のオンとオフで上手に気持ちを切り替えているのが特徴です。仕事モードがオンになると別人格になる、と自分に言い聞かせることでスムーズに接客することが出来るでしょう。自分は女優になった、という気持ちで違うキャラクターを演じている気持ちになればスイッチの切り替えも上手くいきます。自分を客観視することは対人恐怖症の改善にとても役立つことなので、接客が辛いと感じた時にはぜひ取り入れると良いでしょう。
あまりに仕事が辛いなと感じるときにはシフトを減らしてもらうのも一つの手段です。精神的にギリギリの状態で働いていると対人恐怖症から自律神経失調症やうつ病を発症してしまう可能性もあり、非道場合は働くことが困難になってしまうこともあります。そのため自分を追い込む過ぎないように気持ちや体に余裕を持つことも大切です。
生活が懸かっているからシフトを減らすなんて無理だと考えている人は、万が一の場合に備えて転職情報誌などで情報収集をしておくのも良いでしょう。自分に逃げ道を作ってあげることでキャパを超えてパンクしてしまう危険を回避することが出来ます。自分の代わりはどこにでもいるんだと思っておけば無理をすることもなくなるため、ストレスが減って接客がスムーズにいくでしょう。
嫌な客に当たってしまった場合、つい自分の接客に非があったのかと反省してしまいますが、嫌な客はどこの店に行っても店員に対して嫌な態度で接するものなので、嫌な客に当たった時は単に運が悪かっただけだとスルーすることも大切です。犬にかまれた程度だと割り切れば嫌な気持ちを引きずることなく済むでしょう。辛い時には逆に接客していて嬉しかった良い客のことを思い出すのもおすすめです。にっこり笑顔になってくれた、お礼を言ってくれたなど、些細なことでも良いので自分が接客していて心がほっこりなったシーンを思い出してみると良いでしょう。そうすれば仕事に対してマイナスイメージを持つことが無くなるため、明るい気持ちで働くことが可能です。
辛い気持ちが爆発してしまうときには誰かに悩みを相談するのもおすすめです。対人恐怖症の人であれば精神科に通ってカウンセリングを受けるのもおすすめです。問診や薬物療法などによって自分に合った治療を受けることが出来るため不安定な気持ちや心に上手く折り合いをつけて生活することが出来るでしょう。精神科に通う人は現代社会では珍しくもなんともない事なので、引け目に思うことなく通院するのがおすすめです。風邪に引いて病院に行くのと同じような感覚で、少し気持ちが辛いから病院に行こうと考えれば良いでしょう。
また、両親や兄弟、友人など気の置けない相談相手を誰か一人でも見つけるのがおすすめです。そうすれば接客が上手くいかずに落ち込んでしまったときでも愚痴を言ったり、励ましてもらったりして気持ちを安定させることが出来ます。誰にも相談できないと悩んでいる人は無料電話ホットラインなどを利用して見知らぬ誰かでも良いので、自分の話に耳を傾けてくれる誰かに悩みを打ち明けるのがおすすめです。
話をすることで気持ちを軽くすることが出来るため、すがすがしい気持ちで接客をすることが可能となります。
対人恐怖症の克服として接客業に就く人は珍しくないので、自分には無理だと諦めてしまう前にチャレンジしてみると良いでしょう。そうすれば対人恐怖症でも辛い気持ちと上手に折り合いをつけながら仕事に励むことが出来るため、スキルアップや症状の改善も期待することが出来ておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です